LATEST ENTRIES
ARCHIVES
OTHERS
SEARCH

ゴキブリ退治。
- / kimplususm
0

    目を覚ますとどこかの家のリビングにいて、とりあえず体を起こした。

    大掃除をしなければならない。

    誰かにそう言われて、和室から掃除を始めると言われて。

    しかたないなあとか考えながら(現実だったらありえないと思う)、とりあえず押入れの、天袋の掃除からはじめることになった。

    和室の押し入れの上の、天袋にあったものを、粗方出した時に、左の奥、隅のほうにゴキブリ(以降・G)がいるのが見えて。

    Gが苦手な自分はどうしようと思って、母親に助けを求めた。

    天袋の右側に、まだ、5/3程度には荷物が残っていて、それを出さなきゃならないのに、どうして。とか、そんなことも考えながら。

    母親に助けを求めたところで、自分がいるところが実家(でも現実の実家には天袋なんて、ない。和室はあるけど、天袋はない)だということに気付く。

    ていうか実家にGって。今まで出たことないのにどうして。

    そんなことを思いながら、とりあえずその一匹のGを、母親が退治して、ホッとしていたら、何故か突然、Gが大量発生して、なにそれ聞いてない!とか考えながら、自分はリビングのテーブルの上にのぼって。

    Gって殺虫剤で死ぬ?

    母親は殺虫剤でGを殺しまくってた。

    自分はそんな母親を見てたんだけど(テーブルの上に乗っかって)、自分と一緒に姉妹もテーブルの上に乗っかって、Gを退治する母親を見守ってて。

    この時点でGは小さいんだけど。というか、通常通り?それでも、自分にとっては恐ろしい存在で。

    そこで登場するスリッパ。

    実家にはスリッパ、ないのになんであるんだろ?とか考えながら、履いて、Gを、つぶして、つぶして、つぶしまくって。

    なんかやたら強いやつがいたのね。生存力っていうの?とりあえずすごかった。だってぜんぜん、死なないの。

    心なしか、それまでのGに比べたら大きかった気がする。

    もちろん、人間から比べたら小さいんだけど。

    気持ち悪いとか、嫌悪感がやばいとか思いながら、Gを始末して、全員殺せた。とか、思ったら、暗転。

     

    気づいた時、Gの治療室、みたいなところにいた。

    そんで『敵味方関係なく殺しやがって』とか、言ってるのを聞いた。

    こいつ何言ってんの?って思いながら見てたらね、確かに、敵と味方がいるの。

    そんでもって、両方とも瀕死状態だったりすんの。

    それね、もしかしたら凍結スプレーかけちゃった、殺虫剤のスプレーをかけまくっちゃった、自分たちのせいかもって思うわけ。

    Gにも家族がいて、生きてんだなあって、思っちゃったわけ。

    でも自分が今いるのはどこなんだ?ってなるじゃん?

    だって今までG退治してたのに。そのはずなのに、いきなり同僚。意味が分からない!!!!!

    そんな自分なんて知るか!って感じで、周りの医療班Gは言うわけ。

    『奴ら敵味方関係なく殺しやがって…』

    殺してないし。凍結だし。殺してないし。

    だからといってそれをいうこともできないし。自分どうしたらいいの!?って考えている間にまた暗転。

     

    最終的に人間に戻って、駆逐できるGは駆逐して、終了。

     

    なんかほかにもあった気がするけど、とりあえず、Gの衝撃がありすぎて、駆逐できるGは駆逐しきってから、目覚めたら、夢だった!よかった!っていう話。

     

     

    JUGEMテーマ:夢日記。

    | comments(0) | - |
    pagetop
    | 1/1 |

    06
    --
    1
    2
    3
    4
    5
    6
    7
    8
    9
    10
    11
    12
    13
    14
    15
    16
    17
    18
    19
    20
    21
    22
    23
    24
    25
    26
    27
    28
    29
    30
    --
    >>
    <<
    --